スタートアップ

 

  • BASE、オンライン決済サービス「PAY.JP」上でID決済の「PAY ID」を開始

    BASE、オンライン決済サービス「PAY.JP」上でID決済の「PAY ID」を開始

    BASEは6月27日、自社で展開するオンライン決済サービス「PAY.JP」にて、ID決済の「PAY ID」の提供を開始した。 ID決済とは、あらかじめID情報と紐付くクレジットカード情報を登録しておけば、IDだけでスムーズにオンライン決済が可能なサービス。国内ではPayPalやLINE Pay、Yahoo!ウォレットや楽天ID決済、Amazonログイン&ペイメントなどの他、モバイルキャリア各社が同様のサービスを提供している。PAY IDでは複数のクレジットカードを登録可能で、目的によってカードを使い分けることができる。 BASEでは、E… 続きを読む

  • パナソニックがアクセラレーション、生体電位センサや言語解析の技術も開放

    パナソニックがアクセラレーション、生体電位センサや言語解析の技術も開放

    大企業がスタートアップとコラボレーションして新しい事業を始める道を模索する——そんな動きはここ1、2年でかなり具体的なかたちになってきているのだけれど、大手エレクトロニクスメーカーのパナソニックもスタートアップとの共創を進めるのだという。パナソニックは6月27日、スタートアップのcrewwと共同で企業アクセラレータープログラム「Panasonic Accelerator 2016」を発表。同日より参加を希望するスタートアップの募集を開始した。エントリー期間は7月8日まで。 続きを読む

  • クラウド会計ソフトのfreeeがAIによる自動仕訳の特許を取得、ラボも開設

    クラウド会計ソフトのfreeeがAIによる自動仕訳の特許を取得、ラボも開設

    様々な領域で利用に向けた研究の進む人工知能(AI)。FinTechの領域もその例外ではない。クラウド会計ソフト「freee」などを提供するfreeeは6月27日、自動仕訳に関するAI技術の特許を取得したことを発表。同時に、AIによるバックオフィス業務効率化をすすめる「スモールビジネスAIラボ」を創設した。今週中にもクラウド会計ソフトにAIを用いた自動仕訳機能を提供する。 続きを読む

  • スタートアップと移民をめぐる情報の真偽

    スタートアップと移民をめぐる情報の真偽

    Uberがアメリカ各都市の移動手段に変化をもたらし、SpaceXがアメリカ国民に火星旅行を提供しようとしている。Oscar Health Insuranceが、健康保険をアメリカ国民にとって身近なものにし、ZocDocが医者のアポ取りを簡素化している。Razerが世界中のゲーマーから愛される製品をつくり、FanDuelはスポーツファンが楽しめる、ファンタジースポーツのプラットフォームをつくり出した。これらの先進的企業の共通点に気づいただろうか?実は、創設者のうち最低ひとりが外国生まれの起業家なのだ。 続きを読む

  • メルカリで自宅発送が可能に、出品者の心理的ハードルを下げる

    メルカリで自宅発送が可能に、出品者の心理的ハードルを下げる

    メルカリが6月20日、自宅から発送できるサービスを開始した。ヤマト運輸との提携で提供する配送サービス「らくらくメルカリ便」の利用者が対象。自宅にいながら出品できるようになったことで、「出品=面倒」という心理的なハードルが下がりそう。 従来の「らくらくメルカリ便」は、ヤマト運輸の営業所かファミリーマートに商品を持ち込む必要があった。今後は出品時に「らくらくメルカリ便」を選択し、配送時にアプリ内で「集荷」を選べば、ヤマト運輸のセールスドライバーが自宅まで商品を取りに来てくれる。 続きを読む

  • さすがのノルウェイ、水産飼料企業がスタートアップコンテストで優勝

    さすがのノルウェイ、水産飼料企業がスタートアップコンテストで優勝

    もしも、あなたがテック業界の記者で、自分にとって大切な国であるノルウェイに出張し、ノルウェイのスタートアップシーンについて、良いニュースを持って帰ってきたいと本気で願っているとしよう。そして、あなたは他でもない、Angel Challenge開催のスタートアップコンテストの決勝戦に招待された。しかし優勝したのは、MiniProというインターネット上にもその存在が全く知られていない企業だった。MiniProの製品といえば、稚魚のベビーフード。あなたは、これから起きることを信じられないだろう。 続きを読む

  • 熊本発「シタテル」はアパレルの低価格・小ロット生産を実現する、全国の縫製工場と提携で

    熊本発「シタテル」はアパレルの低価格・小ロット生産を実現する、全国の縫製工場と提携で

    消費者の趣味が細分化する中、アパレル業に求められるのは多品種・少量生産。そんな時流に乗って、アパレルからじわりと熱視線を集めるサービスがある。オリジナル商品を作りたいアパレルと、中小・零細の縫製工場とマッチングする「SITATERU(シタテル)」だ。 続きを読む

  • 子供たちにプログラミングの概念を教えるBox Island、2年の開発期間を経てiOSゲームとして登場

    子供たちにプログラミングの概念を教えるBox Island、2年の開発期間を経てiOSゲームとして登場

    AppleのSwift Playgroundsがアナウンスされる2年も前から、やはりゲームを通じてコーディング教育を行おうとするBox Islandの開発が行われていた。そのBox Islandが、iOS版のゲームとしていよいよデビューすることとなった。子供たちに、コーディングの基礎を教えることを目的とするゲームだ。 続きを読む

  • ターゲットを絞って実直にやってきた——育児・出産情報メディア「mamari」運営のConnehito、Syn.が買収

    ターゲットを絞って実直にやってきた——育児・出産情報メディア「mamari」運営のConnehito、Syn.が買収

    育児や出産を軸に家族向け情報を提供するキュレーションメディア「mamari(ママリ)」、女性の悩みに特化したQ&Aサービス「mamariQ」などを展開するConnehitoがKDDIグループ入りを果たした。KDDI傘下のSyn.ホールディングスが6月16日、Connehitoの株式を100%取得し、子会社化したことを明らかにした。買収額は非公開。複数関係者の話を聞く限り、十分に満足できる評価(要は買収額)を得たようだ。買収後も引き続き創業者である大湯俊介氏が代表取締役を務める。 続きを読む

  • エウレカがパパママ社員に優しい新人事制度、英会話全額負担や「pairs婚」手当ても

    エウレカがパパママ社員に優しい新人事制度、英会話全額負担や「pairs婚」手当ても

    恋愛マッチングアプリ「pairs」を運営するエウレカが15日、福利厚生プログラム「baniera(バニエラ)」を導入した。これまでも一般的な福利厚生制度はあったが、結婚や出産、育児に関する支援を中心に充実させた。 続きを読む

  • マネーボール理論を企業でも、ビズリーチがクラウド採用管理「HRMOS」公開

    マネーボール理論を企業でも、ビズリーチがクラウド採用管理「HRMOS」公開

    映画「マネーボール」といえば、貧乏球団のアスレチックスを強豪チームに変えた実在のGM(ジェネラルマネージャ)、ビリー・ビーンの活躍を描いた物語である。 ブラッド・ピット演じる主人公のビリーは、野球のデータを統計学的に分析して、選手の評価や戦略を決める「セイバーメトリクス」という手法を採用。これによって、資金不足にあえぐ弱小チームを、ア・リーグ記録の20連勝を遂げるまでに育てあげた。 このセイバーメトリクスを企業人事で実践しようとしているのが、転職サイトを手がけるビズリーチだ。 人事業務のムダをなくす 人材の採用から育成、評価までをクラウド上で… 続きを読む

  • アカツキがアクティビティ予約のそとあそびを14億円で買収へ、ゲームからリアルに進出

    アカツキがアクティビティ予約のそとあそびを14億円で買収へ、ゲームからリアルに進出

    3月に上場したばかりのアカツキ。スマートフォン向けゲームを開発する同社がレジャー・アクティビティ予約サイトの「そとあそび」を運営するそとあそびを買収する。アカツキは6月13日開催の取締役会で株式取得を決議したと発表した。アカツキは今後2018年6月まで、4回に分けて株式を取得する。取得価格の合計は14億1004万7000円となる予定。 続きを読む

  • LINE、東証とNYSEの同時上場へ——時価総額は約5880億円

    LINE、東証とNYSEの同時上場へ——時価総額は約5880億円

    かねてから噂のあったLINEがついに上場することが決まった。東京証券取引所は6月10日、同社の上場を承認した。 上場予定日は7月15日で、市場区分は未定(東証1部または2部)。ニューヨーク証券取引所にも同時上場する(現地時間の7月14日)。証券コードは3938。上場にともない3500万株(国内1300万株、海外2200万株)を公募。オーバーアロットメントでの売り出しは525万株。発行想定価格の2800円で算出した場合、公募で980億円を調達することになる。なお、共同主幹事会社は、野村證券株、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、ゴールドマ… 続きを読む

  • 分散型動画メディア「DELISH KITCHEN」などを運営するエブリー、6.6億円の資金調達——ネイティブ広告も好調

    分散型動画メディア「DELISH KITCHEN」などを運営するエブリー、6.6億円の資金調達——ネイティブ広告も好調

    分散型動画メディアを運営するエブリーは6月9日、グロービス・キャピタル・パートナーズ、DBJキャピタル、グローバルブレイン、エウレカ代表取締役CEOの赤坂優氏など個人投資家複数人を引受先とした合計6億6000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。エブリーでは調達した資金をもとに本格的な人材採用を開始。年内にも20〜30人規模まで組織を拡大し、動画コンテンツの制作体制を強化していく。 続きを読む

  • 「顔と名前が一致しない」を解決、人材管理ツールのカオナビが3億円調達

    「顔と名前が一致しない」を解決、人材管理ツールのカオナビが3億円調達

    「顔と名前が一致しない……」急成長中のスタートアップにありがちな悩みを解決しているのが、顔写真を切り口にした人材管理ツールの「カオナビ」だ。 続きを読む

  • 社内SNSのTalknoteを中学・高等学校が導入、SNS利用のトラブル防止を評価

    社内SNSのTalknoteを中学・高等学校が導入、SNS利用のトラブル防止を評価

    「『いい会社』をつくる」がコンセプトの社内SNS「Talknote」が、ビジネス利用が中心のこのサービスが、「『いい学校』をつくる」ための試みを開始した。 Talknoteをテスト導入するのは、東京都・武蔵野市の聖徳学園中学・高等学校だ。ICT教育を積極的に推進している同校は、2015年12月よりTalknoteのテスト導入を開始。一定の成果が得られたことから本格導入に乗り出すことをあきらかにした。これまでも教育現場での導入実績はあったが、全面導入は初の事例となる。 続きを読む

  • Uber、自転車ラック付きの車をオーダーするオプションを導入(まずはアムステルダムにて)

    Uber、自転車ラック付きの車をオーダーするオプションを導入(まずはアムステルダムにて)

    Uberがアムステルダムにて、サイクリスト向けのサービスを展開中だ。アムステルダムといえば人口よりも自転車の数が多いとも言われている街ではある。そんな街でUberはUberBikeなるサービスを開始したのだ。 続きを読む

  • VR制作ソフト「SYMMETRY」開発のディヴァース、103.9万ドルの資金調達を実施

    VR制作ソフト「SYMMETRY」開発のディヴァース、103.9万ドルの資金調達を実施

    VR制作ソフトウェアを開発するDVERSEは6月2日、500 Starups Japan、Colopl VR Fund、KLab Venture Partners、アドウェイズ、ウィルグループ(傘下のウィルグループインキュベートファンド)、スローガン、エンジェル投資家の川田尚吾氏ほかからConvertible Noteにて103万9000ドル(約1億1000万円)の資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • 新しいチャレンジはいまだに「ヒリヒリする」——挑戦を続ける経営者の覚悟と苦悩

    新しいチャレンジはいまだに「ヒリヒリする」——挑戦を続ける経営者の覚悟と苦悩

    スタートアップの起業家が事業を育て、大きな組織を動かす経営者となったとき、果たしてどんなことが求められるのか? 5月26日〜27日にかけて宮崎県で開催された招待制イベント「Infinity Ventures Summit 2016 Spring Miyazaki」の2日目のセッション「プロの経営者に求められるもの」には、エウレカ代表取締役CEOの赤坂優氏、SSTJ INVESTMENT CEOの木村新司氏、セプテーニ・ホールディングス代表取締役社長の佐藤光紀氏が登壇。プロノバ代表取締役社長の岡島悦子氏がモデレーターを務める中、それぞれの経営論、そして… 続きを読む

  • Slackでスケジュール管理やリマインドを丸投げできるボット「Subot」——チーム作業の効率化目指す

    Slackでスケジュール管理やリマインドを丸投げできるボット「Subot」——チーム作業の効率化目指す

    Subotは5月30日、コミュニケーションサービス「Slack」上で、リマインドやGoogleカレンダー連携のスケジュール管理が行えるボット「Subot(スーボット)」をローンチした。当初は無料で公開するが、将来的には月額課金制の導入を視野に入れる。 Subotの第1の特徴は、決まった日付・時刻にSlack上でリマインドをかけられる点だ。例えば、特定のチャンネル(Slack上のグループ)に対して毎月25日の午前10時に「経費精算をお願いします」というメッセージを流すといったことができる。また他のボットと連携するのもウリだ。「Statsb… 続きを読む

  • オンデマンドで獣医を派遣するペットのためのTreat

    オンデマンドで獣医を派遣するペットのためのTreat

    ペットの様子がおかしくなって、どうすれば良いのかわからなくなったことはおありだろうか。Googleで検索してみても異なる対処方法が出てくるばかりだし、獣医の予約を取るのにも時間がかかってしまう。そういう事態に対処しようとするのが、iOSアプリケーションとして登場してきたTreatだ。アプリケーションを経由して獣医師とチャットしたり、あるいは訪問を依頼したりすることができるのだ。さらにこのアプリケーションを使って、ペット関連製品を購入したり、あるいはトレーニングやグルーミングの依頼をすることもできる。 続きを読む

  • クラウド労務管理サービス「SmartHR」が優勝——IVSのピッチコンテストLaunch Pad

    クラウド労務管理サービス「SmartHR」が優勝——IVSのピッチコンテストLaunch Pad

    5月26日〜27日にかけて宮崎県で開催中の招待制イベント「Infinity Ventures Summit 2016 Spring Miyazaki」。2日目の朝には恒例のピッチコンテストの「Launch Pad」が開催された。14社のスタートアップが6分間のプレゼンテーションに挑んだ。その中で見事優勝を果たしたのはクラウド労務サービス「SmartHR」を開発するKUFUだった。 2位は触感型ゲームコントローラーを開発するH2L、3位はスマートフォン向けの情報配信用プレートを開発するアクアビットスパイラルズ。4位はナレッジシェアアプリを開発するTA… 続きを読む

  • スマートスーツケースのBluesmart、外観を整えて性能もアップしたブラックモデルをリリース

    スマートスーツケースのBluesmart、外観を整えて性能もアップしたブラックモデルをリリース

    GPSや充電用バッテリーも搭載したスマートスーツケースのBluesmartが、新たにブラックモデルを発表した。今回のモデルはデザインを重視したものとなっている。素材やディテイルにもこだわり、よりスマートになったスマートスーツケースといった感じになっている。 続きを読む

  • Supership、SSP事業「Ad Generation」でスマホネイティブ広告を強化

    Supership、SSP事業「Ad Generation」でスマホネイティブ広告を強化

    2014年10月にKDDIが中心となって立ち上げたモバイルインターネットの新ポータル構想「Syn.」。このSyn.のプロジェクトに参画するKDDI傘下のスケールアウト、nanapi、ビットセラーが合併して立ち上がったのがSupershipだ。 同社ではこれまで3社で展開してきた事業に加えて、新事業の立ち上げを進めている。Syn.のアライアンス拡大も着々と進めているが、サイト上にあるプレスリリースを見ると広告ビジネスの会社の印象が強い。中でも旧・スケールアウトが展開するSSP「Ad Generation」が好調なのだそう。月間広告リクエスト… 続きを読む

  • 労務管理クラウドの「SmartHR」がAPI公開、社内システムなどと連携可能に

    労務管理クラウドの「SmartHR」がAPI公開、社内システムなどと連携可能に

    社会保険や雇用保険など労務手続き自動化をするクラウドサービス「SmartHR」。サービスを提供するKUFUは5月25日、開発者向けに「SmartHR for Developers」を公開した。 SmartHR for Developersでは、他社製クラウドサービスとのデータ連携を実現するためのAPIやWebhookを提供しており、すでにマネーフォワード、キメラなどクラウドサービスを提供する4社と連携、もしくは連携に向けて協議を進めている。概要は以下の通り。 続きを読む

  • 物流アウトソーシングのオープンロジが2.1億円の資金調達、海外展開も視野に

    物流アウトソーシングのオープンロジが2.1億円の資金調達、海外展開も視野に

    ロジスティクスのアウトソーシングサービス「オープンロジ」を運営するオープンロジ。同社は5月24日、IMJ Investment Partners(IMJIP)、SMBCベンチャーキャピタル、インフィニティ・ベンチャーズLLPなどから総額2億1000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。また今回の資金調達に伴い、IMJIPの岡洋氏が同社の社外取締役に就任する。オープンロジでは調達した資金をもとに人材採用や経営基盤の強化を進める。また東南アジアを中心とした海外事業展開も視野に入れる。 続きを読む

  • 「タトゥー」のメインストリーム化をうけ、タトゥー版InstagramのTatoodoがアプリケーションをリリース

    「タトゥー」のメインストリーム化をうけ、タトゥー版InstagramのTatoodoがアプリケーションをリリース

    タトゥー文化はますますメインストリーム化しているようだ。タトゥー関連産業は消費産業の中で6番目のはやさで成長しており、またアメリカ人の30%がタトゥーをいれているのだそうだ。そんな中でスタートしているのがTattoodoで、タトゥー関連の「デジタルハブ」を目指してサービスを提供中だ。タトゥーの写真を掲載し、コミュニティやマーケットプレイスとして機能する。すなわちタトゥー版のPinterestのようなサービスを展開しているわけだ。 続きを読む

  • シェアリングエコノミーに欠かせない本人確認情報をブロックチェーンで共有、ガイアックスが実証実験

    シェアリングエコノミーに欠かせない本人確認情報をブロックチェーンで共有、ガイアックスが実証実験

    スタートアップ企業がシェアリングエコノミーのアイデアを事業化しようとするとき、乗り越えないといけない壁がある。利用者の本人確認だ。利用者は「運転免許証のコピー」のような重要な個人情報を含む書類を事業者に預けることになる。手間もかかるし、信頼性も求められる。社会的な信頼を獲得する途上段階にあるスタートアップ企業にとっては大きなハードルとなる。ここで、利用者側から見ても信頼できる透明な個人情報共有の枠組みを低コストで作れるとしたら、そのメリットは計り知れない 続きを読む

  • コメディ専用のストリーミング番組を提供するLaugh.ly、現在はクローズドベータで運用中

    コメディ専用のストリーミング番組を提供するLaugh.ly、現在はクローズドベータで運用中

    ディック・ヴァン・ダイク(Dick Van Dyke)のように大声で笑うのが好きな人には、きっと気に入ってもらえるはずだと信じているのがLaugh Radioだ。コメディやお笑いが大好きな人に、検索可能なコメディアーカイブのストリーミング番組を提供するアプリケーションだ。 続きを読む

  • Jessica Alba がThe Honest Companyの過去、現在、未来について語る

    Jessica Alba がThe Honest Companyの過去、現在、未来について語る

    2012年のDisrupt SFに彼女が登場してから4年、Jessica Alba がDisrupt NYのステージに登場しThe Honest Companyの最近のニュースについて語った。 Albaは、まず同社の創業間もない頃の、ウェブサイトのダウンやクレジットカード処理を自社で行わなければいけないなど若いスタートアップが経験するような技術的問題によって苦しんだ創業期に触れながら話し始めた。 続きを読む