TechCrunchとは

TechCrunchについて

TechCrunchは2005年にシリコンバレーでスタートし、スタートアップの紹介やインターネットの新しいプロダクトのレビュー、そして業界の重要なニュースを扱うテクノロジーメディアとして成長してきました。現在、米国を始め、ヨーロッパ(+フランス)、日本で展開されています。米国ではTechCrunch以外にもモバイルに特化したMobileCrunch、ガジェットが中心のCrunchGearなどいくつかのメディアを展開しています。米国では2010年9月に世界的なオンラインメディア企業のAOLの傘下となりました。

TechCrunchの日本版となるTechCrunch Japanは2006年6月にスタートしています。2011年4月1日より米国と同様に米AOLの日本法人AOLオンライン・ジャパンにより運営されています

TechCrunch Japanでは皆様からの情報を求めています。リーク情報やインターネットで見つけた面白い話、スタートアップ関連の話題など情報をお持ちの方は tips[at]techcrunch.jp まで情報をお寄せください。

TechCrunch Japan:編集スタッフ

Ryuichi Nishida / 西田隆一
TechCrunch Japan編集長、AOLオンライン・ジャパン テクノロジー部門統轄編集長。TechCrunch Japanに携わる以前は朝日インタラクティブ(CNET Networks Japan)の編集統轄やCNET Japanの編集長を務める。それ以前も雑誌「インターネットマガジン」の編集長なども。Twitterアカウントは@nishida。

TechCrunch Japan:翻訳スタッフ
Nob Takahashi
大手コンピューター会社勤務中の84~89年にシリコンバレー駐在。インターネット関連企業を経て2006年、突如退社して自営翻訳・著述業に転身。科学教育に関心があり、本業の傍ら執筆や教材(おもちゃ?)開発・販売に精を出す。自ら発案・製作になる「トンでも吸盤」が秘かにヒット。

.個人ブログ:「復氷(ふくひょう)」
.共著書:『図解 物理のウンチクがたちまち身に付く本』(秀和システム)
.教材:『トンでも吸盤

Namekawa,U
千葉県生まれ。東京大学法学部卒。東京都庁勤務を経てフリーの翻訳者、ライター。

.著書:『データベース―”電子図書館”の検索・活用法』(共著・東洋経済新報社)
.著書:『現代ハイテク事典』(項目執筆・平凡社)
.著書:『ソーシャル・ウェブ入門―Google、mixi、ブログ…新しいWeb世界の歩き方』(技術評論社)
.共著書:『セカンドライフ[Second Life] 創世記 3Dインターネット・ビジネスの衝撃』(共著・インプレス)
.ブログ:「Social Web Rambling
.ブログ:「滑川海彦のソーシャルメディアメモ

Maeda, H
奄美大島生まれ。当時からどうせ本土では通じない言葉に囲まれていたので、外国語にバリアはない。高校入学祝いに Olivetti Lettera-Black を買ってもらって以来、キーボードを愛している。共訳書に『ローカルエリア・ネットワーク』があるが、当時はケーブルに手作業で穴を開ける時代だった。

・著書:『インターネット超入門』(光文社)
.共訳書:『ローカルエリア・ネットワーク』(共立出版)
・ブログ:「気になったこと日記 RETURNS
・ブログ:「気になる「単語」日記」

hiwa
企業のマーケティング・プランニングや自治体の地域計画を手伝っていた純文系人間なれど、1970年代末、パーソナルコンピュータの偉大なる可能性に目覚める。同時に、プログラミングのおもしろさと、当時の英語のプログラミング記事やUNIX記事のパーソナルでフレンドリーな文体のフレッシュさにも魅かれる。そしてそのまま今日まで。

ホームページ
著書訳書一覧
より重要な家族ホームページ (見てね!)

広告の問い合わせについて
詳細はこちらをご覧ください。