Facebook

test for adjustment margin around image

次の記事

GRAPHIC embed test

Image without caption

Share extension

Share ExtensionからStockMarkに記事を保存


Share ExtensionからStockMarkに記事を保存

StockMarkは、Pocket、Evernote、はてなブックマークのアカウントと連携し、それらのサービスに保存した記事を取り込むことができる。他にもTwitterで「いいね」した記事やFeedlyで「Saved for Later」に追加した記事も取得可能だ。また、アプリは「Share Extension」にも対応していて、これを利用することでモバイルブラウザで見ている記事を直接StockMarkに保存することもできる。普段記事を読んでいるのがPCだろうと、モバイルだろうと、全てStockMarkに集めることができる仕組みだ。

Share extension
他サービスとの連携が完了すると、StockMarkは保存記事のカテゴリーやキーワードといった情報を解析してユーザーのプロフィールを作成する。StockMarkの「プロファイリング」画面では、累計記事本数、いつも読んでいるメディアやカテゴリー、頻出キーワード、ストックしている時間帯などをグラフで見ることができる。累計データと1週間ごとのデータが表示できる。下記のアナリティクスは、実際に私のブックマークした記事のデータだ。あまり意識しないで記事を選んでいるが、改めてデータで見ると何に自分が関心を持っているか客観的に分かって面白い。

 

Image with caption

StockMarkは、Pocket、Evernote、はてなブックマークのアカウントと連携し、それらのサービスに保存した記事を取り込むことができる。他にもTwitterで「いいね」した記事やFeedlyで「Saved for Later」に追加した記事も取得可能だ。また、アプリは「Share Extension」にも対応していて、これを利用することでモバイルブラウザで見ている記事を直接StockMarkに保存することもできる。普段記事を読んでいるのがPCだろうと、モバイルだろうと、全てStockMarkに集めることができる仕組みだ。

他サービスとの連携が完了すると、StockMarkは保存記事のカテゴリーやキーワードといった情報を解析してユーザーのプロフィールを作成する。StockMarkの「プロファイリング」画面では、累計記事本数、いつも読んでいるメディアやカテゴリー、頻出キーワード、ストックしている時間帯などをグラフで見ることができる。累計データと1週間ごとのデータが表示できる。下記のアナリティクスは、実際に私のブックマークした記事のデータだ。あまり意識しないで記事を選んでいるが、改めてデータで見ると何に自分が関心を持っているか客観的に分かって面白い。

analytics

記事のプロファイリング画面

StockMarkの特徴は「スマートカテゴリー」と「スマートビュー」画面にある。「スマートカテゴリー」では記事を自動で分類してカテゴリーに納めてくれるので、その時読みたいカテゴリーから記事を探すことができる。「スマートビュー」では、ユーザーのプロファイリング情報を元に、ストックした記事の中から、曜日別、さらには1日でも時間別(朝、昼、夕方、夜)でオススメ記事をレコメンドする。「ユーザーの読みたい記事は変化します」と、StockMarkチームを率いる林達氏はこの機能を実装した理由について説明する。例えば、月曜の朝は仕事に関係するニュース記事をチェックし、金曜の夜は週末の予定を決めるのにレジャー関連の記事を見るなど、1週間の中、さらには1日の中でも読みたいものが変わるということだ。また、記事の管理ができる「マイストック」画面では、人工知能が記事の重要な文章を判断して抜き取った要約機能がある。記事によってはうまく抜き出せていないこともあるが、その記事のおおよその内容を知りたい時には便利かもしれない。