ニュース
IPv4
akamai

インターネットの接続スピードはグローバル平均で前年より23%増、使用プロトコルはIPv4からv6への移行が進む…Akamaiの調査報告書より

次の記事

会計士の仕事がなくなる?Smaccは会計業務を自動化するAIを開発

[筆者: Lucia Maffei]
CDNのAkamaiが今日、2016年の最初の四半期の“State of the Internet”(インターネットの情勢)報告書を発表した。その中で報告されているインターネットのグローバルなスピードは、夏のリオ・オリンピックに向けて、ライブスポーツのファンたちに、これまで以上に喜ばれそうだ。

平均スピードは6.3Mbpsとなり、前四半期から12%の増、前年同期比では23%の増となった。

平均スピードの国別トップは今回も韓国で、その29.0Mbpsは前四半期比で8.6%の増となった。二位と三位はともに北欧の国で、ノルウエーとスウェーデンだった。一方ピークスピードではシンガポールがトップを維持し、146.9Mbps、前四半期比8.3%の増加となった。

Average Connection Speed (IPv4) by Country/Region (Source: Akamai)

報告書は64ページからなり、ネットワークへの接続性や、固定およびモバイルにおけるブロードバンドの普及率、IP(Internet Protocol)のバージョン4(IPv4)に対するバージョン6(IPv6)の採用率、などを取り上げている。

平均接続速度で10位以内に入らないアメリカは、IPv6のトラフィックでは6位となり、フランスや日本に先行している。IPv4のアドレスは8億800万強となり、前四半期比で0.2%(約180万)減少した。

IPv6 Traffic Percentage, Top Countries/Regions (Source: Akamai)

IPv6採用率のトップは依然ベルギーで、Akamaiへの接続の36%がv6だが、前四半期比では3.1%ダウンした。

4Mbpsブロードバンドのグローバルな普及率は73%で前四半期より5.4%アップした。普及率のトップは韓国で、97%である。10Mbps, 15Mbpsおよび25Mbpsの帯域でも、トップはやはり韓国だ。

モバイルの接続性に関しては、Akamaiおよび同社パートナーのEricssonによると、スピードの最高はイギリスの27.9Mbps、最低はアルジェリアの2.2Mbpsだった。モバイルのピーク時接続スピードは、ドイツの171.6Mbpsがトップ、最低はガーナの11.7Mbpsである。

またAkamaiによると、モバイルデバイスからのトラフィックの58%をAndroid(Android WebKitとChrome Mobile)が占め、AppleのMobile Safariはほぼ33%だった。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))