人工知能

 

  • 会計士の仕事がなくなる?Smaccは会計業務を自動化するAIを開発

    会計士の仕事がなくなる?Smaccは会計業務を自動化するAIを開発

    SmaccはAIで会計業務を自動化する。SmaccはシリーズAでCherry Ventures、Rocket Internet、Dieter von Holtzbrinck Ventures、Grazia Equityとエンジェル投資家から350万ドルを調達したことを発表した。 Smaccは会計業務と財務プロセスをデジタル化、自動化するプラットフォームを中小企業向けに提供する。 続きを読む

  • マネーボール理論を企業でも、ビズリーチがクラウド採用管理「HRMOS」公開

    マネーボール理論を企業でも、ビズリーチがクラウド採用管理「HRMOS」公開

    映画「マネーボール」といえば、貧乏球団のアスレチックスを強豪チームに変えた実在のGM(ジェネラルマネージャ)、ビリー・ビーンの活躍を描いた物語である。 ブラッド・ピット演じる主人公のビリーは、野球のデータを統計学的に分析して、選手の評価や戦略を決める「セイバーメトリクス」という手法を採用。これによって、資金不足にあえぐ弱小チームを、ア・リーグ記録の20連勝を遂げるまでに育てあげた。 このセイバーメトリクスを企業人事で実践しようとしているのが、転職サイトを手がけるビズリーチだ。 人事業務のムダをなくす 人材の採用から育成、評価までをクラウド上で… 続きを読む

  • 必見! AIが映画脚本を書いたらこうなった

    必見! AIが映画脚本を書いたらこうなった

    スマホの予測変換を続けていくとヘンテコな文章ができあがっていくことがあるが、そのような機能でできあがるのは不条理な詩だけではないらしい。Sunspringのチームは、この技術(正確にはLSTMニューラルネットワークという)を使用して脚本を書き上げた。 それ自体かなり愉快なことではあるのだが、同チームはさらに優れたアイデアがあった……。なんと、ドラマ「シリコンバレー」でPied PiperのCEOであるリチャード・ヘンドリクスを演じたトーマス・ミドルディッチをはじめとする俳優を起用して本当に映画にしてしまおうというのである! チームはAIに大… 続きを読む

  • 人工知能はSEOを一変させる―Google RankBrainを知らない対策が危険な理由

    人工知能はSEOを一変させる―Google RankBrainを知らない対策が危険な理由

    将来を見通すという困難な仕事にかかる前に、まずGoogleのサイト評価アルゴリズム、RankBrainがSEOをどう変えたかを考える必要がある。私はカーネギーメロン大学の同窓生で友達のScott Stoufferとこの問題について話し合った。彼は Market Brewの共同ファウンダー、CTOだ。この会社はFortune 500掲載の大企業のSEOチームにランキングのモデルを提供している。検索エンジンの専門家としてStouffer過去10年間に検索エンジンがどう進歩してきた知る絶好の位置にいる。 以下に述べるのは、SEOビジネスにとってGoo… 続きを読む

  • スタンフォード大学のロボット‘Jackrabbot’は歩行者が無意識に守っている説明の難しい複雑なルールを学習中

    スタンフォード大学のロボット‘Jackrabbot’は歩行者が無意識に守っている説明の難しい複雑なルールを学習中

    人間の大人でも、人混みの中を歩くのが難しいことがある。ましてや、不器用で素朴な脳のロボットはどうだろう? 人にぶつかることを避けるために、“右へ行くべきか左か?”を一瞬々々ぎごちなく考えながら歩く、…スタンフォード大学の研究者たちは、彼らのロボット”Jackrabbot”が、そんな路上のルールを学習できる、と期待している。 同大のComputational Vision and Geometry Lab(コンピューターによる視界とジオメトリ研究所)はこれまですでに、歩行者の動きを追跡して予測するコ… 続きを読む

  • GoogleのAIが初期のCasioのシンセに匹敵する音とメロディーを作り出す

    GoogleのAIが初期のCasioのシンセに匹敵する音とメロディーを作り出す

    それは1989年だった。親たちはベルリンの壁が取り壊されるのを見ていたが、あなたは二階の自分の部屋でCasio SA-1の電池を交換し、コンサートに備えていた。それが叩き出すビートは熱い。あなたはデモ曲“Wake me up before you go-go”を聴き、自分もやる気むんむんとなる。100種類ある音色の02番、”HONKY-TONK PIANO”を選ぶ。そのプラスチック製の象牙(鍵盤)をまさぐり、気分は絶好調。さあ、行くぜ! 続きを読む

  • チャットボットには大きな将来性―ただし現行製品はどうしてああもダメなのだろう?

    チャットボットには大きな将来性―ただし現行製品はどうしてああもダメなのだろう?

    今年に入ってチャットボットについてのニュースをあちこちで見かけるようになった。まずMicrosoftがTayを発表したが、>女性の声でしゃべるのが性差別主義的だと非難されただけでなく、悪意あるユーザーに教えられた通りにあらぬことを口走るようになってしまった。次にFacebookがMessengerのボットをリリースしたが、上々の滑り出しとはみえない。それからAppleのVivが話題となった。一見したところSiri 2.0のように思えたのも無理はなく、開発者はSiriと同じだった。 続きを読む

  • AmazonのAlexaにWebブラウザーから質問できるEchosim.ioがローンチ

    AmazonのAlexaにWebブラウザーから質問できるEchosim.ioがローンチ

    Amazonの音声で応答するAIソフトウェアAlexaは、これまでEchoやDot and Tapで使われていたが、今度はそれをWebブラウザーから利用できるサイト、Echosim.ioがオープンした。 ログインはAmazonのアカウントで行い、マイクの形をしたボタンを押してAlexaに質問する。 続きを読む

  • 地図上の地形的特徴でクェリすると各都市のマッチ結果(野球場、テニス場、etc.)を返してくれる画像検索エンジンTerrapattern

    地図上の地形的特徴でクェリすると各都市のマッチ結果(野球場、テニス場、etc.)を返してくれる画像検索エンジンTerrapattern

    Terrapatternは画像検索エンジンだが、誰もがそれを初めて使ったとき、“何でGoogleがこれを10年前からやってないの?”、と不思議に思うだろう。地図上の特徴(施設など)…野球場、マリーナ、ロータリー、などなど…をクリックすると、アルゴリズムが複数の都市の「それはここだ!」と信じたものの写真を見せてくれる。速いし、使い方は簡単、そして可能性としてはとっても役に立つ。 実際に試してみると、その検索がとても自然であることが分かるだろう。どんな原理なのか? ひとにぎりのデジタルアーチストとデベロッパーが、35… 続きを読む

  • Googleが新サービスのアシスタントボットを搭載したAIチャットアプリ、Alloをリリース

    Googleが新サービスのアシスタントボットを搭載したAIチャットアプリ、Alloをリリース

    本日(米国時間5月18日)のGoogle I/O(Googleの開発者向けカンファレンス)でGoogleは、コミュニケーション業界への進出ついての発表を行った。Alloはスマートメッセージアプリで、機械学習の機能を搭載の上、新サービスのGoogle Assistant(AmazonのAlexaへの対抗馬)も採用している。Allo上では、画像や様々なサイズのテキストをやりとりできるだけでなく、Google(将来的にはサードパーティアプリも対応予定)を立ち上げることで、データを共有したり、イベントを計画したり、ものを買ったりできるほか、チャッ… 続きを読む

  • チャットにも音声にも対応、Googleがバーチャルアシスタントを発表

    チャットにも音声にも対応、Googleがバーチャルアシスタントを発表

    Googleは本日、年1回Mountain Viewで開催しているGoogle I/O開発者カンファレンスでバーチャルアシスタントツール「Google Assistant」を発表した。 これはGoogle Nowとできることが似ていて、Google Nowのアップグレード版のようだ。質問に答えることやその質問に関連した別の質問にも回答することができる。Googleは会話を把握し、適切な答えを返すことができるということだ。Googleはこのサービスを会話ベースのユーザーインターフェイスを持つ新プロダクトに導入する。Googleの独自のチャットボット… 続きを読む

  • ノーベル賞を獲得した困難な実験をAIが各種パラメータを自力で最適化しつつ自分でやれるようになった

    ノーベル賞を獲得した困難な実験をAIが各種パラメータを自力で最適化しつつ自分でやれるようになった

    【抄訳】
    オーストラリアの物理学者たちが、たぶん連日の徹夜仕事から解放されたいためだと思うが、物理の実験をほとんど監視不要で自動的に行い、ときには人力よりも上手に行うAIを作った。このようなシステムによって今後、人間研究者は面倒な手作業等から解放され、より高度な問題や研究の設計に集中できるようになるかもしれない。 このAIが行った実験は、超低温のガスBose-Einstein condensate(ボース=アインシュタイン凝縮)を作ることで、そのプロセスで2001年に三人の物理学者がノーベル賞を授与された。この実験は、一定方向のレーザー照射… 続きを読む

  • ロボットは人間の仕事を奪うだけでなく生み出していくもの

    ロボットは人間の仕事を奪うだけでなく生み出していくもの

    ルンバが家の掃除をし、Siriが両親の家の近所で一番良いイタリアンのお店を教えてくれる、というのが目新しかった頃から、ロボットと人工知能の進化は止めどなく進んでいる。車は自動で走行し、ロボットがピザを配達するなど、今まさに革命が起きようとしている。オックスフォード大学の2013年の研究によると、向こう20年でアメリカ国内の仕事の半分が自動化されてしまう。更に同研究では、数ある産業の中でも、交通・物流・事務関連の仕事が特に自動化されやすいとされている。その他にも、教師や旅行代理店、通訳等の職業につく人々が、ロボットに取って代わられるのも… 続きを読む

  • 1万人以上がFacebookのチャットボットを開発している、アナリティクス機能も製作中

    1万人以上がFacebookのチャットボットを開発している、アナリティクス機能も製作中

    Facebookのチャットボットの利便性に対する不満があがっているものの、Messengerのプロダクト責任者であるStan Chudnovsky はTechCrunch Disrupt NYのステージで、何万人もの開発者が開発を進めていると明かした。そして、Shopifyの5000店は、すでに注文確認や出荷通知などMessenger経由で配信していると話し、Eコマース企業がアプリの10億人近いユーザーにリーチしたがっていることを示した。 続きを読む

  • 未来のカスタマーサービスの形、ボットやメッセンジャーは現状を変えられるか

    未来のカスタマーサービスの形、ボットやメッセンジャーは現状を変えられるか

    先月F8(Facebokが主催する開発者向けカンファレンス)を見ていて、将来は本当にチャットを開いて必要な情報を入力すれば問題が解決するほど簡単に物事が進むのか考えずにいられなかった。花の注文はできる。ニュースを取得することもできる。天気もチェックできる。しかし、本当にテクノロジーを利用してカスタマーサービスを行うことはできるのだろうか? 続きを読む

  • 人工知能の暴走を抑える「人工天使」が必要だ

    人工知能の暴走を抑える「人工天使」が必要だ

    インターネット上のさまざまなことがアルゴリズムにより処理されるようになった。しかしどうやら「人間のため」という視点が欠落しつつあるようにも見える。実現したところで何のメリットもないような「ソリューション」が提示されることすらあるように思うのだ。 続きを読む

  • Siriの共同ファウンダー、Dag Kittlaus、次世代AIのVivアプリを来週のTechCrunch Disruptでデモ

    Siriの共同ファウンダー、Dag Kittlaus、次世代AIのVivアプリを来週のTechCrunch Disruptでデモ

    Siriは世界中の何億というAppleユーザーに使われているが、この遍在的ソフトウェアを開発したのはほんの小人数のチームだということはあまり知られていない。Siriの共同ファウンダー、元CEOのDag Kittlausはその1人だ。 現在Dagのチームは新しい人工知能プラットフォームのVivを開発中で、Dagは来週のTechCrunch DisruptでVivを利用して開発されたアプリをデモする。 続きを読む

  • AIが訓練結果に基づいてベートーヴェン(EUのテーマ曲)をビートルズふうに演奏

    パリのSony Computer Science Laboratoryが、欧州連合(EU)のテーマソングの編曲に挑戦した。彼らは機械学習の最大エントロピー原理に基づいてコンピュータに、さまざまなタイプの音楽のもっとも目立つ特徴を認識することを教えた。そしてチームはそのAIに、ベートーヴェンのクラシック中のクラシック“歓喜の歌”のパターンを、現代的に演奏するよう命じた。 続きを読む

  • 安定した自撮りができるミニ・ドローン・カメラのHover、2500万ドルを調達して開発を加速

    安定した自撮りができるミニ・ドローン・カメラのHover、2500万ドルを調達して開発を加速

    通常のドローン・カメラで自分や友達のアップを撮ろうとした経験があれば、それはほとんど不可能だとわかったことと思う。 この問題を解決するために中国に本拠を置く Zero Zero Roboticsは2500万ドルの資金を調達して超小型の自動飛行ドローン・カメラ、Hoverの開発に取り組んでいる。IDGがシリーズAラウンドで2300万ドルを投資し、金額としては大部分を占めた。この他に中国のGSR Ventures、ZhenFund、ZUIGが加わっている。 続きを読む

  • AI革命は人間性回復のための契機となるか?

    AI革命は人間性回復のための契機となるか?

    1万年前、職業には3種類しかなかった。すなわち狩猟、採集、そして育児だ。そこから、職業の種類は大幅に増えていった。種類が増えるだけではなく、どんどん細分化されもした。人類の進化と、それから引き起こされたイノベーションの結果として現状がもたらされたと言えよう。 続きを読む

  • 興味深い事がシンギュラリティへ向かう過程で起きている

    興味深い事がシンギュラリティへ向かう過程で起きている

    私がよく聞かれるのは、労働の現場での3Dプリントが与える影響についてのことだ。テクノロジーは雇用を創り出すものなのか、それとも、それを破壊するものなのか。それに対する短い回答はこうだ。テクノロジーが創り出す雇用よりも、それが私たちから奪う雇用の方が多い。そして、そのようなテクノロジーは3Dプリントだけではない。 やがてテクノロジーは人による労働を無用の産物にする。私たちが抱える大きな課題は、その時代の変化に生き残るすべを考えだし、そして労働をしないことによって空いた時間で何をするべきか考えることだ。 続きを読む

  • DeepMindがプロ棋士に勝利する時代におけるAIの成長段階とは?

    DeepMindがプロ棋士に勝利する時代におけるAIの成長段階とは?

    1997年のこと。アメリカではバックストリート・ボーイズが大ヒットとなったアルバムをリリースした。市場ではマイクロソフトが評価されており、評価額は過去最高の2610億ドルとなっていた。IBMのDeep Blueは世界最高位であったガルリ・カスパロフを下し、世界チャンピオンの称号を得た。 続きを読む

  • 「記録」から「反応」へ。自律的にデータを処理する、監視カメラの新世代

    「記録」から「反応」へ。自律的にデータを処理する、監視カメラの新世代

    アメリカには現在、3000万台の監視カメラがあると言われている。ただし、その3000万台のカメラのうち、常に人間が画面を確認しているのはわずか5%なのだとのこと。その他のカメラはただ映像を記録し、そして犯罪や事故などを捉えたと考えられる場合にのみ画像が確認されるという使い方になっている。 続きを読む

  • AI不信が強まる中、望まれるのは人類−機械のコラボレーション

    AI不信が強まる中、望まれるのは人類−機械のコラボレーション

    AIが進化するにつれ、人類の滅亡の日が近づいているのではないかという話をきくことが増えてきた。ビル・ゲイツ、イーロン・マスクあるいはスティーブン・ホーキングたちも人工知能の進化に対しては警告を発しており、楽観的進化論者のレイ・カーツワイル(Ray Kurzweil)などはおされ気味であるのが現状だ。またスウェーデンの哲学者であるニック・ボストロム(Nick Bostrom)もAIがもたらす恐怖についての思考実験を行なっている。もちろん、そのような勢力が力を得ていることには理由はある。 続きを読む

  • ロボット革命ないしAI革命ののちに現れる経済システムとは?

    ロボット革命ないしAI革命ののちに現れる経済システムとは?

    経済の専門家たちは、いよいよロボットによって90%の仕事が奪われるような事態について真剣に考えざるを得なくなりつつあるようだ。20年ほど前には誰も真面目には考えなかった事態が現実になりつつある。そしてそのような現実の中、果たして「資本主義」が生き残るのかどうかという問題も議論の俎上にのぼりつつある。今の段階で正解など誰にもわかるまい。しかし誰もがこの問題に取り組まざるを得ないような状況になっているのだ。エコノミスト以外の人々も、果たしてどのような未来を望ましいと考えるのかについて、態度表明を迫られるようになってきている。 続きを読む

  • AppleのSiriがアメリカと世界のプロ野球雑学博士になった

    AppleのSiriがアメリカと世界のプロ野球雑学博士になった

    プロ野球の今年のシーズンの開幕に合わせて、Appleは野球のデータや雑学知識をたっぷりとSiriの脳に詰め込んだ。 そこで今のSiriはベーブルースの生涯打率を知ってるし、2008年の、フィリーズが優勝したワールドシリーズのときのラインナップだけでなく、なんと1934年のワールドシリーズについても知ってる。 Siriは、全世界の29のプロ野球リーグについても勉強した。今ではMLBだけでなく、Cape Cod LeagueやNippon Pro Baseball(日本野球機構)のことも質問できる。これらのリーグは、選手個人のデータはないが、試合結果… 続きを読む

  • 非技術者が機械学習を評価する時に考えるべき3つのこと

    非技術者が機械学習を評価する時に考えるべき3つのこと

    編集部記:Aria Haghighiは、Crunch Networkのコントリビューターである。AriaはPioneer Square LabsのCTOとチーフ・アーキテクトを務めている。 ここ数年、機械学習とそれを活用できる潜在的なアプリへの関心が急速に高まっている。専門外の人は、自社のプロダクトや事業に取り入れる、あるいは投資すべきかを検討するに辺り、機械学習技術を評価する必要が出てくるだろう。機械学習技術に関する専門用語は大量にあって、複雑だ。さらに強気のセールスチームにハイジャックされつつあって、分かりづらくなっている。 続きを読む

  • MicrosoftのCaptionbotは画像のキャプションを作り出す未来的AI、デベロッパーにオブジェクト認識APIを提供

    MicrosoftのCaptionbotは画像のキャプションを作り出す未来的AI、デベロッパーにオブジェクト認識APIを提供

    クラウドの力は私たちの多くにとってそれほど明瞭ではないが、しかしMicrosoftは、デベロッパーに一連のAPIツールを与えることによって、この事態を変えようとしている。そのスイートはCognitive Services〔複数形〕と呼ばれ、デベロッパーに彼らのソフトウェアを大幅にスマートにする能力を与える。たとえばその中には、ユーザーが訓練できる音声テキスト変換処理や、高品質でまるでマジックのようなオブジェクト認識がある。 続きを読む

  • MicrosoftのAIボットTayがTwitterに復帰、再びスパムの大洪水、そしてまた眠らされる

    MicrosoftのAIボットTayがTwitterに復帰、再びスパムの大洪水、そしてまた眠らされる

    MicrosoftのAIボット”Tay”は、インターネットによって人種差別主義者にさせられたために黙らされてしまったが、今日(米国時間3/29)Twitterに短時間戻り、スパムの熱弁を続行したが、すぐにまた沈黙した。 TayはMicrosoft Technology and ResearchとBingのチームが、会話による理解を研究するために作り、人間との対話から学ぶ能力がある、とされていた。しかしインターネットはご存知のとおりの現状だから、Tayはそこから大量の不適切な言葉を学び、そしてMicrosoftは、… 続きを読む

  • MicrosoftがAIチャットボット、Tayを停止―人種差別ジョークで機械学習の問題点が明らかに

    MicrosoftがAIチャットボット、Tayを停止―人種差別ジョークで機械学習の問題点が明らかに

    Microsoftは昨日(米国時間3/23)、ユーザーのメッセージに返事をする人工知能ボット、Tayをリリースした。Twitterに加えてチャット・サービスのGroupMeとKikが対象だ。しかしMicrosoftはこのTayをスタート早々停止してしまった。問題はこの人工知能が侮辱的ないし人種差別主義的メッセージをそれと認識できないところにあった。もちろんこの人工知能は人種差別主義的にプログラムされていたわけではない。しかし差別的ジョークを大量に浴びせられるうちにそれを「理解」するようになり、自分でも差別的ジョークを発するようになった… 続きを読む